プレミアムバリューバンクの評判を知って安心の投資をしよう

管理手数料の相場

ビル

物件マネジメントの管理手数料の相場

不動産ビル管理業務(プロパティ・マネジメント)とは、不動産ビルが正常に稼動するように施設のメンテナンスを行う事です。具体的には、ビル内の設備の点検業務や、ビル内に入居するテナントの管理などが具体的業務として挙げられます。また、ビルのセキュリティ対策や清掃業務を行う業者の選択や管理を行う事もビル管理業務の一つです。日本にはこうしたビル管理業務を専門に行う業者が多数存在し、こうした業務を行う業者をプロパティーマネジメント会社と呼びます。ビル管理業務を外注するために必要となるコストはビルの規模や入居しているテナントの数によって異なりますが、物件からあがる収益の1パーセントから2パーセント程度というのが相場となっています。

ビル管理業務の特徴と外注するメリット

ビル管理業務の最大の特徴は、日々のルーティーンワークが多いという点です。ビル管理業者は日々決まった手順に従って設備の点検やテナント管理を行っています。ビル管理業務はビルを運営していく上で必要不可欠な業務ですが、一方でそれほど特殊なスキルを要する業務ではないため、ビル保有者自身がプロパティ・マネジメント業務を行う事は人件費等の観点から非効率的な場合があります。この点、ビル管理業者に外注をすれば、ビルオーナー自身で管理業務を行ったり人を雇って業務を委託するよりも低コストで済むという利点があります。また、ビル管理業務を行う上ではビルの備品や工事に関する知識が必要になるため、こうした人材を豊富に有する業者に委託するほうが成果が高いケースも多いのです。ビルをしっかり管理しないとテナントに空きが出来てしまい、大切な収入源を失ってしまうことになります。家賃収入が得られないと損失が大きくなってしまうので、ビル管理業者に委託しておくと良いでしょう。